白ニキビと私の青春時代を振り返って

白ニキビと私の青春時代を振り返って

私と白ニキビの付き合いは、小学校3年生からです。
生理がそのくらいから始まり、ホルモンのアンバランスから肌質がかわり、いっきに白ニキビができました。
年頃でしたので、コンプレックスでした。

食生活の乱れが招いた白ニキビ

食生活の乱れが招いた白ニキビ
子供の頃からよく食べる体質でしたので、お肉やお菓子を積極的に食べていたのもあって、食べると次の日にはすぐに出ていました。
高学年に入ると、弟達からもニキビでからかわれるようになり、鏡をみてみつけてはよくつぶしていました。
潰すと白いモノはなくなるし、すっきりした感じがしたので、面白がってつぶしていたのですが、それはよけいに悪化させる原因の一つになりました。
見かねた母が、皮膚科に連れて行ってくれました。
塗り薬と生活習慣の改善を言われました。
薬を塗ると不思議の白ニキビは落ち着いたので、ニキビ生活ともおさらばだと思っていましたが、薬をやめたとたんもとに戻ってしまいました。

不衛生が招いた白ニキビ

不衛生が招いた白ニキビ
中学、高校に入り、お化粧をするようになると、小さな、大きな無数の白ニキビが顎からおでこまででました。
今思えば、化粧の油分やスキンケアが間違っていたと思います。
白ニキビを隠そうとコンシーラを塗ったり、顔が油でベタベタするのでクレンジングを何回もしていました。
結果、日中は酸化した油と自身の皮脂が混ざり合い余分な脂で顔を覆い、クレンジングで必要な脂までとってしまっていたので、水分の代わりに皮脂が多くでてしまいました。
肌は悲鳴を上げていたと思います。
大人になり、不潔な手でニキビは触らない、ビタミンCを飲む、食生活の改善、スキンケアでは、ミルククレンジングをつかい、保湿しながら汚れを落とすなど、自分の生活習慣と向き合い少しづつ変えていきました。
今ではとてもましになりました。
ただつぶした後だけが残って後悔してます。
思い返せば、白ニキビは嫌な思い出ばかりですが、生活を見直して下さいという肌からの合図だったのだなと大人になって思えるようになりました。

白ニキビ解消! おすすめ人気ケアグッズランキングTOPへ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*