そもそも白ニキビは洗い残しのせい?

そもそも白ニキビってどうしてできるの?

みなさん思春期の時期あたりからニキビに悩まされたことがあるかと思います。
中には、大人になってもニキビに悩まされる人もいますよね。
特に「白ニキビ」は一度つぶしてしまったりすると何度も再発したり大きくなると目立って嫌ですよね。
しかし、ニキビはきちんとした対処をすることで未然に予防することができます。
まずは、原因からしっかり追究していきましょう。

肌の角質と皮脂や汚れの詰まり

白ニキビに悩む女性
白ニキビを潰すと、中からぶにゅっと白いものが出てきます。
この正体は皮脂です。
毛穴が皮脂で詰まってしまうと、毛穴がふさがってしまいます。
そして、それがどんどん蓄積させていくと皮脂汚れがたまって、炎症具合によって進行していき化膿したり炎症を起こしたりし、白くふくれあがり、上に膜をはり、それが白ニキビとなってしまいます。
白ニキビは別名で「閉鎖コメド」、「閉鎖めんぼう」という皮膚病の一部として呼ばれたりします。
まだ白ニキビの状態では初期の状態なので「毛穴が詰まっているだけ」なので炎症も何も起こっていません。
従って痛みや違和感はありません。
肌の角質と皮脂や汚れなどが混じることにより「角栓」が作られます。
この角栓が毛穴を塞いでしまうことにより、詰まりの原因となるのです。

メイクや洗顔料などの洗い残し

メイクを落とす女性
皮脂で毛穴をつまらせないように、日頃からきちんとしたケアが必要になってきます。その日の汚れはその日のうちにきれいにすることが必要です。
メイクがまだ肌に残っていたり、洗顔料などがきちんと落としきれていなかったりするのも白ニキビの原因の一つです。
毛穴にメイクが入りこんだままにしていると、毛穴がメイクの油分で塞がれてしまいます。
そうすると、毛穴の詰まりが生じて白ニキビができてしまうのです。
また、メイクをしっかり流そうとして洗顔料で洗うのはいいのですが、そこで顎などうっかり流い残しをしてしまうことがあります。
これではまた毛穴のところにふたをしてしまうことになります。
油分が多いメイクはしっかり落とし、また洗顔料でしっかり洗ったら、その倍の時間をすすぎに費やすなどして、肌にメイクや洗顔料を残さないようにすることが大切です。

ゆすぎ残しのないように

シャワーで背中を流す女性
特に皮脂が多く出ている部分に発症しやすくなっています。
例えば、額や顎、口の周り、背中、腕などです。
毎日きちんとクレンジングや洗顔を行っている場合でも、毛穴には、シャンプーやリンスなどの洗い残しや、角質、落としきれなかったファンデーションやホコリ、チリなど、様々なものが詰まることがあります。
特に背中や腕は、皮脂の過剰な分泌の他に、ボディーソープやシャンプー、リンスがキレイに洗い流せていないことが原因になる場合もあります。
また朝シャンは髪、頭皮などによくないとされています。
当然肌荒れはニキビの初期段階である白ニキビの発生に繋がりますので控えた方が無難です。
毛穴を詰まらせないためにも、定期的なピーリングで角質をとることと、ゆすぎ残しのないようにしっかりゆすぐことが大切です。

白ニキビの原因をさらに追求!関連エピソード1
白ニキビの原因をさらに追求!関連エピソード2

白ニキビを本気で解消したい方必見!人気ケアグッズランキングTOPへ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*