白ニキビ解消研究所!人気ケア商品ランキング

更新情報:2017.2.8 12:17 更新

できると厄介な白ニキビ、一人で悩んでいませんか!?

白ニキビに悩む女性

朝起きて鏡を見ると昨日までなかったプツっとしたニキビができてると気分が落ちてしまいますよね。
白ニキビのせいで自信が持てなくてつい心もふさぎこんいませんか?
そこでこのサイトでは、膝の黒ずみを解消する為にオススメの人気ケア商品を、ランキング形式にして紹介したいと思います。
白ニキビの悩みをスッキリ解消して、自信に満ちた素敵な人生をお送りください♪

白ニキビを隠す女性



白ニキビ解消にオススメ!人気ケアグッズランキング

チュルン

チュルン

チュルンの『超保湿&つまり解消パック』で白ニキビ徹底ケア

チュルンは『チュルンは徹底保湿』&『肌サイクルの正常化』にこだわって開発された白ニキビ用のパックです。
角質柔らか成分で肌に潤いをしっかり補いながら、マイルドなピーリングを実現できるパーフェクションペプチドP3の効果で、『白ニキビがポロっと』を実現します。
そして、薄皮のような膜が肌をラッピングし、外部からの刺激を防ぎ、水分や美容成分(サンザシエキス、グリチルリチン酸2K、セイヨウシロヤナギ樹皮エキス、サッカロミセス溶解質エキス)の蒸発を抑えることで保湿します。

さらに、アンティチョークエキスに含まれるシナロピクリンにより、毛穴を目立たなくする効果も期待でき、厳選された植物美容成分を長くとまらせることで、ツルツルの剥きたまご肌へと導いてくれます。

もちろん、合成香料、着色料、鉱物油、石油系界面活性剤、パラベン等の添加物は一切配合していないので、乾燥肌や敏感肌の人も使える低刺激なパックというのも嬉しいですね。
医薬品と遜色のない水準で管理された国内の工場で製造されているので、品質の安全面も折り紙つきですよ。
また、定期コース限定で60日間全額返金保証もあるので、本当に白ニキビを直したい方にはもってこいです。

チュルンの商品レヴューへ

チュルン



プロアクティブ+

プロアクティブ+

成分や処方を一から見直した、全く新しい薬用ニキビケアシステム

テレビCMなどでよく知られ、日本売り上げNO.1ニキビケアのプロアクティブ。
スマートターゲットテクノロジーという薬用成分を毛穴の奥までしっかり届ける新システムできになるニキビ徹底解消します。
『スキンスムージングクレンザー (洗顔)』
肌にやさしいソフトスクラブで古い角質や余分な皮脂をすっきり洗浄。
殺菌作用が高い有効成分サリチル酸配合で、ニキビのできにくい健康的な肌へ導きます。
なめらかな使い心地ですっきり洗浄しつつ、潤いも補給し、ツッパリの少ない洗い心地へと導きます。
『ポアターゲティングトリートメント (美容液)』
独自開発の「スマートターゲット™ テクノロジー」により、有効成分が毛穴の奥まで浸透させます。
植物由来の保湿成分で固くなった角質をやわらげ、ふっくらとやわらかくし、肌本来の輝きを取り戻すことができるでしょう。

『スキンブライトニングハイドロレイター (化粧水)』
植物成分配合のみずみずしい感触のクリームが、乾燥から肌をやさしくガードし、べたつかない感触に仕上げます。
さらに、ビタミンC誘導体配合でサリチル酸×ビタミンCが肌トラブルをサポートします。

プロアクティブの商品レヴューへ

プロアクティブの公式サイト



ルナメア

ルナメア

富士フイルムが開発した大人ニキビケア用化粧品

新開発のニキビ有効成分アクネシューター新提案のファーバースクラブで肌にやさしく、気になるニキビを予防します。
富士フイルムの「独自成分×独自技術」のアプローチで実現した、いままでなかった新しいニキビケアをルナメアACで実感してください。

ルナメアの商品レヴューへ

ルナメアの公式サイト



白ニキビができてしまう主な原因

ニキビに悩む女性

なぜニキビはできてしまうのでしょうか。
ニキビについてですが、ニキビは毛穴が詰まってできるもので、白ニキビはその中でも初期段階であります。
角栓や汚れなどで毛穴がふさがられ、毛穴の中に皮脂などの汚れが溜まってしまいできる状態の事です。
よくできる場所として、おでこ.口周り.あごなどが多いです。

ストレスや食生活

白ニキビの原因となる食事

白ニキビの原因の1つとしてストレスがあります。
日々のストレスや暴飲暴食などによる不規則な食生活によって、ホルモンバランスが乱れてしまいます。
寝不足やストレスが続くことで自律神経のバランスが崩れてしまいます。
その為、女性でも男性ホルモンが多くでるようになります。男性ホルモンにある皮脂の過剰な分泌によってニキビが発生します。
また、特に女性は月経前になるとホルモンバランスが乱れてしまうため、イライラしたりお腹がいつも以上に空くなどで油っぽものや甘いものを多く食べ過ぎる事が原因の1つでもあります。
お肉しか食べないなどの偏った食事でも同じです。

年齢によるターンオーバーの乱れ

砂時計

若い頃は傷の治りが早いといいますが、お肌の曲がり角ともいい20歳をすぎると潤いなどはどんどんなくなっていきます。
それと同じように歳をとるにつれて、ターンオーバーが乱れやすくなります。
乱れる事で古い角質から新しい角質に生まれ変わることができなくなってしまいます。
そうすると、古い角質が肌に残ってしまい毛穴がそのまま塞がれ汚れが閉じ込められやすくなってしまい、それが白ニキビになってしまいます。
年齢だけではなく、乾燥した肌や睡眠不足、不規則な生活、ホルモンバランスの乱れが原因でターンオーバーが乱れる事もあります。

スキンケア

スキンケアする女性

ニキビにならないように、肌の為にするスキンケアでがやり方を間違えている事が原因でもあります。
過度なスキンケアをしている場合です。
洗顔をしすぎていたり、いろんな化粧水に手を出したりたくさん使ったりなどの過度なスキンケアをしていると肌を守っている潤いなども一緒に落としてしまっている為、肌の機能が低下してしまいます。
そのため、肌の再生する役割であるターンオーバーが行われなくなり乱れてしまいます。
逆にスキンケアが十分ではない場合です。
化粧などがしっかり落ちていなく肌にファンデーションなどの汚れが残ってしまうと、その汚れが角質や皮脂を肌に閉じ込めてしまいそれが原因で白ニキビになってしまいます。
またスキンケア以外にもシャンプーのすすぎが足りずに洗い残しの泡や汚れが溜まってしまいできることもあるので、おでこや生え際に多いのはこれが原因でもあります。
いろいろな原因があるので、自分にはどの原因でてきてしまったニキビなのかを知ることで治し方や対策が変わってくると思います。



できてしまった白ニキビを解消する方法

洗顔しようとする女性

白ニキビはニキビの初期段階といわれています。
初期段階ですが、洗顔や化粧水などのケアだけでは治す事はなかなか難しく、ポツっとしているとツブしてしまいたくなります。
ツブして悪化してしまったとならないようにする為にはどうしたらよいのか解消法を見て綺麗な肌を目指したいです。

食生活の改善

白ニキビにいい食生活

解消法の1つとして生活習慣や食生活を規則正しいものにする事です。
油っぽいものは皮脂を多く出してしまうので食べ過ぎない事です。
油っぽいものを食べるときには野菜なども一緒に食べるなどしてバランスのよい食事をとる事が大事です。
牛乳や納豆、ほうれん草などが肌によいとされています。

適度な運動

運動する女性

また、食事だけではなく適度な運動をする事で代謝機能を上げ肌のターンオーバーの乱れを整えるようにする事が大事です。
また、思春期や月経前などはホルモンバランスが乱れてしまいます。

正しい睡眠

睡眠をとる女性

また、月経前などは特に睡眠をしっかりとるようにします。
ホルモンバランスの乱れを整える有効な方法として睡眠する事があげられています。
お肌のゴールデンタイムと言われている22時から26時にはしっかり寝ておくこと、またただ寝るだけではなくリラックスして睡眠できるようにベッドの横にアロマオイルを置くなどする事もホルモンバランスを整える為の1つでもあります。
なるべく睡眠不足や、夜更かしをしないように心がける事が大事です。

正しいスキンケア

スキンケアする女性

次に、白ニキビを治すだけではなく繰り返さないようにする為に正しいスキンケアをする事が大事です。
ニキビができたからニキビ用のスキンケア商品を使うというのはよくないです。
赤ニキビなどに効果のあるものが多く、それは過剰に汚れや油分を落とすものが多いからです。
白ニキビは初期段階なので、過剰に汚れを落としてしまうと肌を守ってくれるものまで落としすぎてしまいます。
白ニキビができた時には無添加で刺激の少ないもの、肌に優しいスキンケア商品を使う事が大事です。
ニキビによってスキンケアを変えるようにするといいです。
また無添加のものであっても肌に負担をかけるようなやり方では意味がありません。
肌に負担を与えないように優しくよく泡立てた泡を肌に包むようにして洗います。
また、髪の長い人は顔につかないように前髪などは上にあげるなどして、洗い残しがないようにしっかりとすすぎます。
すすぐ時は、汚れが落ちやすいようにぬるま湯ですすぐとよいです。
乾燥してしまう事も白ニキビができてしまう原因の1つでもあるので、洗顔後はしっかりと保湿をして肌を乾燥しないようにしてあげる事も解消法の1つです。
また、生理周期に合わせてスキンケアの仕方を変えるなどして自分にあった方法を見つける事も対策の1つです。
いろいろな解消法をあげましたが、肌自体の正しいケアを知る事だけではなく、精神的な事や体の中からニキビを作らないように、普段から規則正しい生活をする事が1番の解消法であるとおもいます。



白ニキビを予防する方法

白ニキビを気にする女性

白ニキビとは、まだ毛穴が角質で塞がっただけの状態をいい、ニキビとしては初期の段階ものです。
まだアクネ菌が増殖していないので自覚症状もないのですが、放置しておくと炎症を起こして赤く腫れあがったいわゆる赤ニキビとなってしまいますから要注意です。
それでは白ニキビの予防法としてはどのようなものがあるのでしょうか?

正しい洗顔

正しく洗顔する女性

白ニキビの原因としてまず挙げられるのが、誤った洗顔の方法です。
お肌の表面には常時皮脂に覆われていて、お肌の乾燥を防いでいます。
お肌が乾燥してしまうとニキビや肌荒れなどの原因となってしまうからです。
ところが洗顔時に必要以上にゴシゴシと洗ってしまうと、お肌の表面を守るために適度に必要な皮脂までも根こそぎ洗い流してしまうことになり、お肌を乾燥させる原因にもなりお肌に良くありません。
顔の皮膚ももちろん汗をかきますし、べとつくことで不快に思うこともあるでしょう。
しかしそのような場合にも洗いすぎのないようにすることが大切です。
そもそも白ニキビができているからといっても慌てて洗顔料を多用する必要はありません。
洗顔は実は水だけで行っても十分なのですが、どうしても洗顔料を使用するのであれば天然由来の成分でできているものを使用するようにしましょう。
また洗顔の回数もたとえニキビ用の洗顔料であってもできるだけ少なくするようにするべきです。
いわゆる合成界面活性剤による洗顔料を使用すると、どうしても洗い過ぎとなって、かえって乾燥肌になりやすく白ニキビが発生する原因にもなりますし、ひいては悪化させて赤ニキビに発展することにつながりますから避けたいものです。
ニキビは毛穴の詰まりが原因で生じるものですから、女性の場合メイクをしたまま寝るのももちろん良くありません。

的確な保湿ケア

白ニキビ対策イメージ

また洗顔した後には乾燥を防ぐ意味で化粧水などを使って十分にお肌を保湿することも、白ニキビを予防するためには大切です。
女性だけではなく男性にとってもいえることですが、あくまでも適度に洗顔をした後に積極的に保湿することが、白ニキビを予防するためには重要です。

生活習慣を正す

タバコを吸う女性

白ニキビができる原因としては、ほかにも皮脂が過剰に分泌されることにも因ります。
食生活や生活習慣の乱れ、過剰なストレスなどによって男性ホルモンが分泌されて、その結果皮脂が多く分泌されることになり白ニキビが生じる原因となります。
常に栄養バランスのとれた食事を心掛け、早寝早起きの規則正しい生活を送るようにし、さらに適度な運動をすることなどでストレスを上手に発散させることが、健康的に白ニキビを予防することにつながります。
お酒やタバコももちろん男性ホルモンの分泌を促進させますから、控えた方がいいでしょう。
普段なにげなく皮膚の表面をよく触る癖のある人がいますが、こうした行為も毛穴に角質や雑菌などが入り込んで毛穴が詰まり白ニキビが発生する原因になりますから注意したいものです。
またできてしまった白ニキビは潰してしまわないようにしましょう。
できた白ニキビは特に薬などを塗布しなくても、毛穴を清潔に保てば自然に解消されるものです。



白ニキビに関する体験談

白ニキビについて後悔している事があります

背中のニキビを気にする女性

私は白ニキビについて後悔している事があります。
それは私は高校生の途中ぐらいまで白いにきびができていたら潰してしまっていたのです。
そのせいだと思うのですが、私は今でもニキビができていた後が消えません。
中学生の時にでっかいニキビができてしまいました。
それは白くて丸い出っ張ったかたちをしていたのですが、私はなんとも見た目がかっこわるいなと思っていました。
一つめはそのまま放っておいたのですが、しばらくすると二つめができてしまいました。
見た目がいやだと思った私はそのニキビを潰す事にしました。
痛さもありましたが、潰すと中から白い膿のような物が出てきて、そうすると肌の突っ張った感じが消えて触った時の痛さもましになったのです。
肌の出っ張りも消えて、その時はそれが良い対処法だと思っていたのです。
私は結局二つともニキビを潰してしまいました。
その後も白いニキビができるたびに潰して白い膿を出していました。
そしてその状態が高校生の途中くらいまで続いていたのですが、ファッション雑誌を買うと、ニキビの対処法のコーナーがあり、そこには白いニキビは跡が残ってしまうので絶対に潰してはならないと書いてありました。
そのファッション雑誌を読んだ時にはもう遅く私の肌はニキビ跡が残ってしまっていました。
その後は未だに残っています。
もっと早くにそういったファッション雑誌を読んでいれば良かったのにと後悔しています。



参考文献

一般社団法人 日本美容外科学会 JSAPS
http://www.jsaps.com/

日本美容外科学会
http://www.jsas.or.jp/

公益社団法人日本通信販売協会
http://www.jadma.org/

一般社団法人 日本全身美容協会
http://www.mhlw.go.jp

総務省
http://www.soumu.go.jp/

厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp